タグ:OBレポート ( 8 ) タグの人気記事
OBレポート
e0119798_139748.jpge0119798_1313084.jpg
e0119798_13132499.jpgHさんのお宅に1年点検で伺いました。
特に大きな問題もなく「快適に過ごしています」と、Hさん。
Hさんとはかなり長期間に渡って打合させていただいたこともあり、満足されている様子をこちらもうれしく思いました。

Hさんのお宅の外観はスタンダードな洋風です。
例えばHさんのように、外観の雰囲気で屋根の形を少し複雑にしたい場合などは特に、間取りの段階から計画に盛り込む必要が出てきます。
お気軽に駿河工房のスタッフまでご相談ください。駿河工房 小笠原


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-16 19:00 | 小笠原 | Trackback | Comments(0)
駿河工房/金谷・しずおか優良木材の家①
e0119798_18491554.jpg
金谷・しずおか優良木材の家は、島田市金谷の区画整理地内に建つ2世帯木造住宅です。
家族構成は親世帯2人、子世帯3人の、5人住まい。
親世帯、子世帯の双方が気兼ねなく生活できるように、玄関を南側中央に配置し、
玄関向かって左側1階部分が親世帯、右側と2階が子世帯。
2世帯住宅と言ってもキッチンを2ヶ所にしただけで、その他は共有しています。e0119798_1849448.jpge0119798_18495817.jpg
この家はOMソーラー付ですが、2世帯双方を暖める為、
ハンドリングボックスを2台置き、1つの制御盤でコントロールするという駿河工房初の試みをしています。
その結果、今年の冬は2世帯共に快適に過ごして頂いています。

そして、もう1つの試みとして「しずおか優良木材」を構造材に使用しました。
残念ながら補助金は受けることができませんでしたが、
柱・梁・土台・間柱・筋交い・垂木まで静岡県産(天竜)の杉・桧をふんだんに使用し
静岡県産材のいい香のする「地域材で建てた家」になりました。
e0119798_18502174.jpg
今年に入ってから、外構工事も進行中、近々アップ予定です。


次回は、金谷・しずおか優良木材の家②
今回書いた記事以外の工夫を紹介予定です、お楽しみに!

                      駿河工房 設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-02-21 19:05 | 山崎 | Trackback(2) | Comments(4)
静岡・長谷通りに建つジュエリー工房併設の家②
工房・サロン今現在e0119798_15165464.jpge0119798_1517420.jpge0119798_15171190.jpg
工房は図面段階で細かく検討した結果全ての道具が納まりました。
中央の作業台には加工用の道具がびっしり置かれています。
上左写真の左側に見える建具は研磨室の入口で、
研磨した塵が広がるのを防ぎながら、ポリカの建具で暗くならないように。
サロンと工房の床には段差をわざとつけ、工房で出た削りかすなどがサロンに行かないように。
壁は後から棚等を作れるように合板仕上げ。
サロンとの境にメインの作業机を置き来客がすぐにわかるように、
等の細部に検討を重ねた結果出来上がりました。

e0119798_15172929.jpge0119798_15173877.jpg
サロンは特にご主人がこだわったところで、
古材(梁、大黒柱)、照明器具(アンティーク)入口建具を自分で手配し、
中に置いてある家具もすべてアンティークで、ほんのり薄暗い部屋にとても合っています。
床材は古材に合わせてチークを選択し張り方も45°斜めにしています。
窓位置や古材の架け方、照明配置等を数回の変更をしながらも
納得がいくまで検討した結果、雰囲気のいいサロンに仕上がりました。

e0119798_1536852.jpg静岡・長谷通り付近に行かれた際にはぜひ
ジュエリー工房 「Criar(クリアール)」
立ち寄ってみてください。



次回は、静岡・長谷通りに建つジュエリー工房併設の家③外構、その他を紹介したいと思います。

                       駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2007-12-27 15:37 | 山崎 | Trackback | Comments(0)
静岡・長谷通りに建つジュエリー工房併設の家①
e0119798_1593517.jpg

静岡・長谷通りは浅間神社正面から続く昔ながらの門前町。
その通り沿いの角地に、御主人が営むジュエリー工房を併設した家。
家族構成は、ご夫婦、長男、長女の4人。

この家のポイントは、
e0119798_1510951.jpg①ジュエリー工房を派手すぎずに主張する外観と工房サロン内観
この要望をクリアーする為に、御主人が気に入っているお店を数件廻り
イメージを練りました。
特に工房サロン内部には、御主人自ら手配した古材(梁、大黒柱)、
照明器具等こだわったポイントがたくさんあります。












e0119798_15102556.jpg②使い易い工房
ここはそれまで使っていた作業台等を細かく採寸し、1/50スケールの型紙を造り
図面上で数回にわたり使い易い配置を検討。
壁の材料も 見た目・機能性 の両方を発注直前まで検討を重ねました。













③家族4人が心地よく生活できることe0119798_15113612.jpge0119798_15115072.jpg
これは当たり前の要望ですが、工房・サロン部分が意外とスペースをとる為、難しいポイントでした。
特に、居間・食堂部分の広さの確保に難航しましたが、洗面、浴室部分を2階に上げる事で解決。
結果、居間・食堂は広々作ることができ、2階の洗面、浴室には2坪のバスコートがつき、
明るく・広々した 洗面・浴室になりました。
e0119798_151285.jpg


9月にお引渡して、今現在は外構工事の検討中です。
近々着工予定ですので数回後には外構完成写真をアップ予定ですので
お楽しみに。




次回は、静岡・長谷通りに建つジュエリー工房併設の家② 
工房サロン今現在 を紹介したいと思います。


                              駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2007-11-22 18:38 | 山崎 | Trackback | Comments(2)
ばらの丘に建つ家 ③
ばらの丘に建つ家 最終回
e0119798_1913229.jpg
お引渡し後、外構工事中や写真撮影等で数回伺っていますが、
いつ伺っても、奥様、小1のYちゃんの二人が笑顔で出迎えてくれます。
e0119798_19141894.jpge0119798_19143441.jpg
Yちゃんは、階段がいたく気に入ったようで上へ行ったり、下に行ったり。
この日も、ケコミ板が無い階段を机代わりにお絵かきをしていました。
子供の発想力に驚かされるとともに、違った形であれ喜んで使ってくれている姿をみると 
この「ばらの丘に建つ家」の家作りに携れてよかった!という気持ちになりました。

e0119798_1915766.jpg奥様お気に入りの場所 のひとつがウッドデッキ。
南に向き、前には家が建たない立地条件、
南側の道路は交通量が少ない為とても気持ちいいです。
Yちゃんが庭で遊ぶ姿を見ながらデッキでくつろぐ奥様。
このなんとも ほのぼの した風景が
いい家作り を物語っていると思います。
この他に、写真はのせていませんが、
御主人の「こもれる小さな書斎」もあり
家族3人が 楽しく暮らせる家
になったと思います。



次回からは、静岡・長谷通りに建つジュエリー工房併設の家
を紹介したいと思います。

            駿河工房 設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2007-11-05 19:29 | 山崎 | Trackback | Comments(0)
ばらの丘に建つ家 ②
ばらの丘に建つ家 「可変性のある間取り」
e0119798_15524977.jpg
e0119798_15531337.jpg e0119798_15533114.jpg

e0119798_1553439.jpgこの家の2階は、子供室が1部屋、納戸1部屋を北側に配置し、
南側には大きな吹き抜けと隣接する大きなホール という
もの凄くシンプルで開放的な間取りに作ってあります。
大きな吹き抜けは、1階に採光・通風の確保と開放感を得る為に
作りましたが、家族が増えたら床を張って部屋にする事ができます。
大きなホールは、子供部屋の入口建具を2枚引込めば
1間分の大きな開口になり、子供部屋と一体に広々使えるよう
にしてあり、ここも将来仕切れば1部屋できるように
「可変性のある間取り」に考えてあります。


まずは、家族3人が 楽しく暮らせるように 広々 した開放的な間取りに。
将来、御両親との同居やお子さんとの同居により家族が増えた場合にもある程度は対応が効くように、と設計しました。
将来をあまり深読みしすぎるとなかなか家は建ちませんし、余裕を持たせすぎて必要以上に広い家にするのも大変ですが、
少しの余裕を持つことで 快適 に暮らせるのではないかと思います。

次回は、ばらの丘に建つ家 最終回です。

                            駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2007-10-04 15:58 | 山崎 | Trackback | Comments(0)
ばらの丘に建つ家 ①
e0119798_19113066.jpg
ばらの丘に建つ家 は30代のご夫婦と現在小学生の女の子の3人が、
楽しく暮らせる家 を目指して2001年に設計をスタートさせました。
南に開けた幅約13m奥行き約16m、南面道路の向こうは調整池で、家が建つことはまず無いというかなり好条件の敷地。
この好条件を最大限生かすようにプランニングを重ね、いざ始めましょう!
という矢先に御主人の転勤が決定し計画は一時中断することに。
2006年夏ようやく再開するも、以前のものは白紙に戻して再検討という事に。
が、転勤中も御夫婦で家の事を忘れず検討していてくれたおかげで間取りはすんなり決定。
以前の案は跡形も無くなりましたが、より良い間取りになったと思います。
黒ガルバの外壁、銀色の屋根も転勤中に御夫婦で検討を重ねて選択する事が決まっていました。

e0119798_19114465.jpge0119798_19115574.jpg
室内は、なるべくシンプルな木の家にして、奥様の好きな家具がより映えるようにしました。

今年6月にお引渡しさせて頂いたのですが、既に自分達で工夫しながら住んでくれています。

次回は、ばらの丘に建つ家、「可変性のある間取り」ついて書きたいと思います。


                                駿河工房 設計課 山崎

人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2007-09-13 15:08 | 山崎 | Trackback | Comments(2)
祝! One month old
先月、お引渡ししたO・K様から、
「1ヶ月歳(One month old)の我が家の様子です」
とのお便りが届きましたので、ご紹介させていただきます。e0119798_14434198.jpge0119798_14483432.jpg
南のリビングのデッキの前はお隣の栗林、東は富士山が一望できます。
家に居ながらにして、天気や季節のうつろいを感じられるお宅です。
「今は栗の花でむせかえるようです。」とのこと。
e0119798_1525461.jpge0119798_14495279.jpg

建築中から、家具のレイアウトなども検討されていたので、まだ1ヶ月しか経っていないとは思われないほど、新しいお宅になじまれている様子です。
e0119798_14502435.jpge0119798_14591064.jpg

「いまのところ家の中は湿気も感じず快適ですよ。やはり木の調湿効果?」と、O・K様。
お引渡しの後で、新居での生活を楽しまれている様子を伺うのは、私達も、とてもうれしく思います。
O・K様、今後ともよろしくお願いします。
駿河工房 小笠原
[PR]
by suruga_sekkei | 2007-06-21 15:05 | 小笠原 | Trackback | Comments(2)