タグ:性能重視型 ( 16 ) タグの人気記事
パッシブデザイン住宅視察セミナー 『コバケンLABO』
e0119798_17355831.jpg

パッシブデザイン住宅視察セミナーとして小林建設のモデルハウス「コバケンLABO」に行ってきました。
小林建設は埼玉県本庄市にある工務店です。
パッシブデザイン住宅に取り組む工務店の中で、最もリーダー的な会社といえます。
その展示場コバケンLABOは、高性能な省エネ住宅をベースに、多様なパッシブデザインを組み込んでます。
e0119798_17363898.jpg

<高性能省エネシステム及びパッシブデザインと意匠設計の融合>
Q値1.88W/㎡Kを満たす断熱性能・OMクワトロソーラーシステム ・地冷熱・薪ストーブといったシステムを搭載していますが、
「プロがパッシブデザインを学び、体験し、ここから議論が始まり、パッシブデザインの普及に役立つ場」
という基本方針の通り、パッシブデザイン手法をできる限り組み込んでいるところが、見せ場になっています。 
例えば、
   ・通風・・・・(排熱効果の高い高窓、平面的+立体的な通風計画)
   ・地冷熱・・・(北側の地冷熱を利用する「土間の寝室」。断熱性能の高い建具を窓の内側に設ける)
   ・日射遮蔽・・・南面の深い軒は日射遮蔽に有効。可動式木製ルーバー。
   ・遮熱層・・・水廻りなどの非居室群を西側に並べるプランなので、遮熱層となる。
   ・ダイレクトゲインによる集熱と広縁土間・・・(冬場の日射取得げできる屋根と
熱容量増やすための通り土間)

北関東という地域特性を考慮し、自然エネルギーを最大限に活用する工夫を随所に盛り込んでいます。

<結果・成果>
・地域の認知と集客力の向上
・住宅建築関係者が300社以上訪れてパッシブデザイン普及の場となる
・冬季・夏期:極めて良好な温熱環境確保(冬季:1階居間から-3℃程度のトイレの室温 
夏期:外気温ピークから6℃以上低い室温等)
・暖冷房に係る一次エネルギー消費量は認定低炭素の30%相当
・2013年には小林建設としては2度目のグッドデザイン賞を受賞
e0119798_17365388.jpg

※これからの地域工務店にとって「パッシブデザイン住宅」は大事なテーマだといえます。

                      企画設計課   渋谷 



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。



 
[PR]
by suruga_sekkei | 2015-02-21 17:45 | 渋谷
『蔵』のような外観の家「地域ブランド化事業」Ⅲ 
『蔵』のような外観の家が、住まいの提案、静岡。2014 vol.8に掲載されました。
らしさ地元ビルダー住宅実例集」の中にあります。
e0119798_15462757.jpg

~心のどこかに残っていた、美しい木の家。~
「木を使った和の雰囲気がいいね」というお施主さんの言葉を添えて生活感のある
写真で紹介されています。
e0119798_1547787.jpg

家具や収納類を収めた状態や、お子さんと愛犬との触れ合いが伝わってきて
この家族の暖かさが伝わってきます。
e0119798_15473444.jpg


「木の家」を扱う業者はたくさんありますが、
居心地の良さが感じられる内容ですのでぜひご一読を!

          駿河工房  企画設計課   渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-07-11 15:52 | 渋谷
『蔵』のような外観の家  「地域型ブランド化事業」Ⅱ
e0119798_1938682.jpg

~夏を涼しくするのは「日射遮蔽」~
夏の室内が暑いのは、日射熱が室内に入るからです。
通風によって排熱や涼感を得られますが、なんといっても「日射熱を入れないこと」が
暑さ対策の基本ルールです。
 
日射熱が室内に侵入する要因として以下の2項目があります。
①窓ガラスを透過した日射が床や壁に当たって熱くなる
②日射が屋根や外壁に当たって熱に変わり室内に伝わる
実際には①の窓ガラスからの侵入熱量が全体の70パーセントを占めますので
窓ガラス(開口部)の対策が大事になります。

普通考えられるのは、サッシの内側に室内ブラインドやカーテンといったところですが、それよりも開口部の外側に日射遮蔽部材を設けた方が効果的です。
たとえば、軒や庇を出す、すだれ、よしず、雨戸、シャッター、ルーバー雨戸、外付ブラインド、樹木(落葉樹)など。
この家の場合、プライバシー保護の為のカーテンをつけていますが、
遮熱ガラスにして開口部そのものの性能を上げ、更に深い軒を出して(外壁から軒先まで1710㍉)遮熱性能をあげています。


 ~小屋裏利用~
物入れとして小屋裏空間を利用しました。
天井の高さが1400㍉以下ですので十分ではありませんが、普段それほど使わないものや、
季節ものなどを仕舞い込んでおくには便利なスペースです。
ただ、ハシゴを使っての荷物の揚げ降ろしの大変さや、
小屋裏は家の中で最も熱がこもりやすいという認識は必要です。

e0119798_19425789.jpge0119798_19431362.jpge0119798_19432324.jpge0119798_19523521.jpg

        駿河工房  企画設計課   渋谷 


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-06-21 19:57 | 渋谷
片流れ屋根の町屋Ⅲ 「地域型ブランド化事業の家」
e0119798_13334172.jpg

2階寝室の西面の壁の窓はできるだけ小さめにして西陽による影響を少なくしています。
北面は階段室に面していますが、建具で開閉ができるようにしました。
理由は、北側の窓からの光と風を階段室と寝室に採り入れることとと、そこから見える
公園の樹木の緑を寝室からみられるようにしたかったからです。

e0119798_13351897.jpge0119798_13353546.jpge0119798_1336831.jpg

       ~パッシブデザインについて~

④高い断熱性と気密性
日照のを建物に備えるデザイン、通風のデザインと並んで、重視していることは断熱性と気密性です。
これらは、建物のあり方によって心地よさを生み出すものであり、
パッシブデザインの一部として一緒に考えています。
静岡の気候を考えながら断熱性や気密性を十分に上げることによって、
冬に大きなメリットがあることはもちろん、夏にもその効果が発揮できると思います。

⑤省エネルギーにつながる設備を提案
効率のよい冷暖房・給湯・照明・換気扇 等を備えることに加えて
太陽光発電や太陽熱床暖房・給湯(OMソーラー)といった自然エネルギーを活用する設備を提案します。

 
                                   駿河工房  企画設計課   渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-03-29 13:39 | 渋谷
片流れ屋根の町屋Ⅱ 「地域型ブランド化事業の家」
e0119798_18485541.jpg


~パッシブデザインについて~
太陽や風の性質を知り、建物についてうまく計画すれば、
暑い夏の時期も寒い冬の時期も、春や秋のように快適に過ごせることができます。
それがパッシブデザインといえます。人口照明や冷暖房に頼った家づくりではなく、
建物そのものに様々な工夫を行うことによって、心地よく、省エネルギーにつながる
「地域の住まい」が生まれると思います。
e0119798_18504171.jpge0119798_18505899.jpge0119798_1851231.jpg


 ①室内を明るくするための日照デザイン(昼光利用)
南側に窓を設けることが基本。
特に明るさが必要なLDKや子供部屋では、2面以上の壁に窓を設けるようにします。
また天窓を設けると昼間のほとんどの時間帯で一定の自然光が得られます。
(因みに壁面の窓に比べて3倍の採光効果があります)       

 ②冬を暖かくするための日照デザイン(OMというパッシブソーラーの選択)
静岡は冬に日射熱を利用することが極めて有効な地域です。
建物に十分な断熱性や蓄熱性を持たせ、南側に設けた窓からたくさんの日照を室内に入れることで、
冬の室温を安定的に上昇させることが可能になります。
更にOMソーラーを取り入れれば暖房機能が大幅に加わり、心地よい暮らしが得られます。

 ③夏を涼しくする為の日照デザイン(日射遮蔽)
夏を涼しく過ごす住まいにするには、日照を建物の中にできるだけ入れないようにすることが重要です。
日本家屋の特徴である深い軒と、庇は、真夏の暑い日差しを遮り、冬には柔らかな陽を部屋の奥の方に採り入れます。
伝統的な日本家屋のパッシブデザインを採用しています。
e0119798_18522650.jpg

                             駿河工房  企画設計課   渋谷



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-03-06 18:59 | 渋谷
片流れ屋根の町屋  「地域型ブランド化事業の家」
e0119798_1846027.jpg

 
~片流れ屋根の町屋~
現在お住まいの隣の敷地に新たに建ててから移り住み、旧宅を解体。
解体後の敷地は広めの庭として現在計画中です。
敷地の間口に合わせて外観を考えた結果、屋根は片流れにしました。
窓に木製格子を設けることで「町屋」を意識したデザインです。
e0119798_185082.jpge0119798_18503618.jpg e0119798_18524671.jpg


~お施主様のこだわり~
どこの居室からも樹木などの緑が見えていつでも自然を感じられるように。
そして、坪庭や縁側もあり、軒の出を深くした伝統的なすまい。
また、終の棲家として、暖かく居心地が良いOMの家を希望されました。

~南面する居室 パッシブに住まう~
敷地条件にも依りますが居室はできるだけ日射条件の良い向きに設けたいものです。
この家の1階の客間・おばあちゃんの寝室・居間・食堂・台所と
2階の3つの寝室すべてが南面していますが、前述のように軒の出が深いので
夏の高めの角度の日射は遮り、冬の低めの日射は採り入れることができ、
日本の気候風土に合わせたパッシブなデザインといえます。
e0119798_18534523.jpg
 

<地域型ブランド化事業について>
地域型ブランド化事業とは、地域工務店等とこれらを取り巻く関連事業者(地域材等資材供給から
設計・施工まで)が緊密な連携体制を構築し、地域資源を活用して地域の気候・風土にあった良質で特徴的な
「地域型住宅」の供給に取り組むことを支援し、
地域における木造住宅生産・維持管理体制の強化を図り、地域経済の活性化及び持続的発展、
地域の住文化の継承及び街並みの整備、木材自給率の向上による
森林・林業の再生等に寄与することを目的としています。 

国土交通省から採択を受けたグループに所属する中小住宅生産者等が、グループの共通ルールに基づく
地域材を活用した木造の長期優良住宅の建設を行う場合、その費用の一部を予算の範囲内において
補助が受けられます。


                       駿河工房  企画設計課   渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-02-14 19:01 | 渋谷
桜並木と海が見えるOMクワトロソーラーの家 Ⅳ
e0119798_2037539.jpg

OMクワトロソーラーについて

OMソーラーは、太陽の熱を利用して暖房・給湯・換気を行ないます。
OMクワトロソーラーは以上の機能に加えて太陽光で電池をつくる機能(発電)
を組み合わせた新型ハイブリッドソーラーシステムです。
「クワトロ」は数字の4を意味します。
OMクワトロソーラーは『太陽熱+太陽光』により暖房・発電・給湯・換気の4つの機能を果たします。家庭内のエネルギーを、太陽でまかない、環境への負荷が小さく災害時にも強いゼロエネルギー住宅を目指すために開発されました。
まさに、太陽熱と太陽光を組み合わせたハイブリッドソーラーシステムといえます。
e0119798_2038711.jpge0119798_20383017.jpg

OMソーラーの基本理念
家庭で使うエネルギーの半分以上が暖房や給湯の熱エネルギーです。
暖房で欲しい温度は20℃程度、お湯の温度も30〜40℃です。
この程度の温度は、わざわざ電気やガス、石油を使わなくても、太陽熱をうまく利用すればまかなえます。

火力や原子力を利用したエネルギーは、最終的に使われるまでのプロセスが長く、
途中のロスや、大気汚染や放射性廃棄物などのゴミ処理などの課題も多いのが現状。
そこで、大切な資源を少しでも有効に使う・・・・
熱は熱でまかない快適に暮らすOMソーラー。
更に太陽電池(発電効率が最も高い単結晶シリコンモジュール)を加えて家庭内のゼロエネルギーを目指します。
e0119798_2039109.jpge0119798_20393096.jpge0119798_20395045.jpg



           駿河工房  企画設計課   渋谷

OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2013-09-28 20:43 | 渋谷
桜並木と海が見えるOMクワトロソーラーの家Ⅲ  
~キッチンまわり~
e0119798_19411653.jpg

家族にとって一番のコミュニケーションの場は、キッチン周辺とダイニングだといえます。
この家は、アイランド型キッチンにして家の中心に設けました。
こうすることによって、奥様は常に家族と向き合えますし、ほとんどすべての
家の中の気配を感じる事ができると思います。

e0119798_1942945.jpge0119798_19422770.jpg

キッチン前面を収納家具として設えています。
日頃の生活に必要な小物類(印鑑・はさみ・爪切り・・・)を入れたり
新聞、雑誌などもすぐに出し入れできます。(因みに、中央の棚はPC置き場です)
「物」はどうしても溢れてしまいがちですが、すぐに取り込める収納スペースがあれば
すっきりした住まい方がしやすいと思います。


e0119798_19444640.jpge0119798_1945642.jpg

樹木が周囲に与える影響が良いことは云うまでもありません。
玄関アプローチにがあると、奥行きを感じさせますし道行く人も和んでくれると思います。


           駿河工房  企画設計課   渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2013-09-07 19:51 | 渋谷
桜並木と海が見えるOMクワトロソーラーの家Ⅱ  
~リビングに寄り添う吹抜け階段~
e0119798_20581845.jpg

「吹抜け」といっても、すっぽりと2階の高さまである場合と、
この家のように屋根勾配なりに緩やかな斜め天井にして半吹抜けにする場合があります。
部屋の容積が大きくなり、「ゆとり」が生まれ、部屋と部屋とが気配を伝え合える役割も生まれる一方で、
伝わる『音』に対しての理解をしていただく必要もあります。
e0119798_212423.jpg


前回でも載せましたがスケルトン階段は、吹抜け空間の壁に沿うように設置していますが
蹴込板がないので、段板の間から光が抜けて軽い印象を与え、圧迫感を感じさせません。
また、単に1階と2階の上り下りの装置ではなく空間や暮らしを演出する為の重要な要素になります。

~サニタリーを豊かに~
e0119798_210010.jpge0119798_2102318.jpg


家事動線としてキッチンの近くに水廻り(サニタリー)を配置しましたが、
プライベートな所ですので人の目線からできるだけ外したいと思いました。
そこで、洗面所はリビングから直接入れる様にして、
そこからトイレ、あるいは脱衣室~浴室へ繋がるようにしました。
洗面所を「ワンクッション」することでリビングからの目線を防ぎたかったのです。

開口部も隣家と視線が交錯しないように大きさを抑えましたが、
明るさを確保する為、洗面コーナーの上にトップライトを設けました。
トイレ、脱衣室~浴室へと柔らかな光が届いています。


           駿河工房  企画設計課   渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2013-08-11 14:47 | 渋谷
桜並木と海が見えるOMクワトロソーラーの家  
e0119798_2115097.jpg

~敷地の持つポテンシャル~
富士市内の造成区画されたばかりの土地に建つ親子3人の家です。

     <最初にこの土地を訪れた時に感じた事>
 眼下に見える街路樹(桜)とその先に浮かぶ海(田子の浦)の眺望を
 できるだけ生かしたいと思いました。
 (1階からも2階からも眺められて、季節の変化を感じられるような)

 少し高台にある造成地かつ角地でもあるので、外観は険しくしたくない。
 できるだけ高さを、おさえ気味にして、周囲に対しても威圧感がないよう
 瀟洒で楚々とした感じにしたいと思いました。
(因みに太陽電池モジュールは屋根葺き材に半埋め込みなので建築一体型です)
e0119798_21154641.jpg

~お施主様の思い~
家族と過ごす場所を大事にしたい・・・御夫婦の強い要望でした。
幼稚園に通う娘さんと御夫婦が、いつまでも楽しく暖かく過ごせる場
居間・食堂→デッキ→寝室→居間・食堂→キッチン→タタミルーム→
居間・食堂→2階ホール(吹き抜け)・・・どこにいても家族の繋がりを感じられると思います。
スケルトンの階段は、リビングと一体となって家具感覚的な約割。家族を繋ぐ架け橋といえます。

e0119798_21164425.jpge0119798_2117517.jpg


~OMクワトロソーラーを搭載~
「暖房」「給湯」「換気」「発電」という4つの機能を兼ね備えている
ハイブリッドソーラーシステムですので、快適・健康でかつ創エネ・省エネを実現!
e0119798_21172639.jpg

               室内から、桜並木海の水平線が見えます。

                                         駿河工房  企画設計課   渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2013-07-20 21:43 | 渋谷