<   2014年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧
藤沢周平記念館
近年映画化された『蝉しぐれ』、『必死剣鳥刺し』、『小川の辺』などをはじめ、多くの名作を残した鶴岡市出身の時代小説家、藤沢周平。
この記念館では、藤沢周平の直筆原稿や創作資料を展示し、作品を解説するとともに、愛用品の展示や自宅書斎を再現しています。
e0308821_13414853.jpg
e0308821_134735100.jpg
建物の設計は高谷 時彦氏。
目立つことが大嫌いであった藤沢氏の遺志にもかなうよう、外に対して、あまりあからさまに主張するのではなく、森の中に静かに在るたたずまいを目指したそうです。

e0308821_13423947.jpg
e0308821_13425730.jpg

藤沢周平の作品世界と作家の生涯を深く知ることができる記念館です。
駿河工房設計課 小笠原

人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-09-29 19:28 | 小笠原 | Trackback | Comments(0)
静岡市清水区/自然を上手に取り入れ快適に暮らせる平屋②
静岡市清水区/自然を上手に取り入れ快適に暮らせる平屋
敷地面積約50坪、静岡市清水区に建つ在来木造住宅平屋建て。
準工業区域、建ペイ率60%・容積率200%。

1階床面積25.25坪、小屋裏階床面積6.24坪
e0119798_19274667.jpg
玄関からの框戸を開けると屋根勾配を活かした開放感あふれるL・D・Kに繋がります。
居間・食堂・台所・タタミコーナーを一部屋にまとめ横・斜め方向の広がりを与え
小屋裏に繋がる勾配天井で縦方向にも広がりを持たせました。

台所は北側を向いたI型2550キッチンに、背面側は作業台兼収納を家具造り。
上部は居間との関係を遮断しないようにオープンにし、残った裏面は本棚とて空間を有効活用。
e0119798_1928851.jpg
台所と並列する食堂は、スタディコーナーも併設しカウンター・本棚を造り付け、
子供の勉強スペース兼家事コーナーとして家族全員で使える空間としました。

居間は南西に向いた大きな開口部から光と風を取り込み、明るく開放感あふれる
居心地のよい空間として設計。
内装は 桧(節有)床板張、壁はほたて漆喰塗り、
上部には静岡県産の杉梁がダイナミックに架かり、同じく静岡県産の杉天井板で仕上げました。
夏季の日射遮蔽と冬季のダイレクトゲインを考慮した軒の出と開口計画をし
一年中心地よく生活できる家に仕上がりました。

平成25年地域型住宅ブランド化事業 申請物件
しずおか優良木材をふんだんに使い、
高水準の耐震性能・断熱性能と維持管理性を持たせた長期優良住宅仕様


                      駿河工房 企画設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-09-28 19:30 | 山崎 | Trackback | Comments(0)
平屋「コの字」プランの家Ⅱ
e0119798_18562815.jpg

<収納について>
この家の特長の一つに収納に対する考え方があります。
家族がゆったりとおおらかに住まうということは
「物」をいかにスッキリとさせるか!ということでもあります。

~キッチン背面収納~
キッチンの背面の収納については、打ち合わせを重ねました。
当初この部分はカウンター収納と吊戸棚があり、壁には開口部を設ける予定でした。
ところが、できるだけ台所周辺の雑多な物は見せたくない、冷蔵庫さえも隠してしまいたい、パントリーとしての収容機能も欲しいし、
台所以外の品々も十分にしまえるスペースがあれば・・・という要望が加わっていきました。 
そこで、床から天井までの建具にして、いわゆる収納庫として使うことに決定!
天井高さ2400㍉、2間半(壁芯4,550㍉)の巾で3枚の大きな吊戸式建具です。
内部は既製品のラック棚などを置いてもらい、入れる物の種類に応じた収め方が工夫できると思います。
建具が閉まっている状態は「壁」としてみなします。

e0119798_1952068.jpge0119798_1953654.jpg

e0119798_196736.jpge0119798_1961817.jpg

~ワークスペース~
子供達が本を読んだり、勉強するワークスペースは、
中庭を挟んで居間・食堂と台所に面しており、常に親の目線に入るように位置しています。
窓上から天井までの間は、ピッタリ寸法の造り付の本棚です。(文庫本や漫画本が入ります)
ワークスペースに本棚が必要ですが、あとから既成の家具を設置して全体のバランスを崩すことを想像しますと、
はじめから建築工事として作っておいたほうが「スッキリ」して得策だと思います。

因みに広くてスッキリ見せる方法として、できるだけ同一の材料や色も統一することや
寸法を揃えたり、見付などの部材寸法を小さくすることです。この家の場合、廻り縁をなくしました。
そして水廻り以外の床は、すべてホワイトオーク(ナラ材:150㍉の幅広、厚み20㍉)とし、
床と壁の色は、水廻り(トイレ・洗面脱衣室・ユニットバス)を含めて全て白で統一しました。

                       駿河工房  企画設計課   渋谷 


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-09-18 19:37 | 渋谷 | Trackback | Comments(0)
新しい配線器具「アドバンスシリーズ」
e0119798_1032985.jpg

配線器具としては14年ぶりのデザイン・操作性・機能にこだわった新シリーズの紹介です。
8月に発売されたパナソニックの新しい配線器具「アドバンスシリーズ」

アドバンスシリーズの特徴
特徴1. 空間に溶け込むデザイン
スイッチの厚みを従来のコスモシリーズが12mmなのに対し、7.6mmまで薄くすることに成功。プレートとの段差の小さいフラットなデザインを実現。
白い壁紙を好むトレンドに合わせ、壁紙のテクスチャーにもなじむようマット仕上げの白色に。
ホタルランプの色にもこだわり、従来の緑色のネオンランプから白色のLEDに変更。
白弱者にも識別しやすくなったユニバーサルデザインを実現。

特徴2. 直感的なコントロール
ホタルランプのLED化と導光板技術によって従来出来なかった「操作する位置(右側)を光らせる」ことが可能に。
暗闇でも直感的にスイッチを押せるようになった。
調光スイッチでも独特の操作方法を実現。
スマホやタブレットと同じような感覚で、表面をなぞってスライド、長押し、タップの好みの方法で操作できる。

e0119798_1035862.jpg

特徴.3 進化した機能
タッチスイッチには電波ワイヤレス機能を搭載予定。
HEMSと連携することであらかじめ設定した電力量になると、自動的に節電制御したり、スマートフォンやタブレット、その他モニターから照明をコントロールできる。
※上記、パナソニック電工HP他より参照

普段何気なく使っているスイッチも段々と進化しているのですね。
駿河工房 小笠原
人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-09-09 10:09 | 小笠原 | Trackback | Comments(0)
静岡市清水区/自然を上手に取り入れ快適に暮らせる平屋の家①
e0119798_1861527.jpg

敷地面積約50坪、静岡市清水区に建つ在来木造住宅平屋建て。
準工業区域、建ペイ率60%・容積率200%。

1階床面積25.25坪、小屋裏階床面積6.24坪

平成25年地域型住宅ブランド化事業 申請物件
しずおか優良木材をふんだんに使い、
高水準の耐震性能・断熱性能と維持管理性を持たせた長期優良住宅仕様

平屋の特性を活かした開放感あふれるL・D・K
夏季の日射遮蔽と冬季のダイレクトゲインを考慮した軒の出と開口計画
桧床材と杉天井板と左官壁で快適な室内環境づくり
使い勝手をとことん考慮し細部まで検討を繰り返した造り付け家具
ちいさいながらも、こだわりがたくさん詰まった家として設計しました。

                     駿河工房 企画設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-09-05 18:09 | 山崎 | Trackback | Comments(0)