<   2014年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧
すまい教室開催、ご参加ありがとうございました。
6月29日(日)本社ギャラリーで、すまい教室を開催しました。
お忙しい中、参加くださった皆様、大変ありがとうございました。
今回は「小さな家に暮らしたい」というテーマでした。
ご自身の家に対する思いを伺いながら、駿河工房で実際建てられたお宅の事例とスルガドミノの特徴の紹介、構造、断熱材などについて模型、サンプルをご覧いただくなどいたしました。
小さな家に住むメリットをわかりやすく知っていただく機会になったかと思います。

e0119798_18405571.jpg
e0119798_1841785.jpg
e0119798_18411735.jpg


次は、7月19日(土)・20日(日)木造ドミノ住宅完成見学会
8月3日(日)バスで廻る木造ドミノ住宅ツアー
8月24日(日)木工教室とイベントが続きます。
問い合わせは駿河工房
0120-257-385まで
皆様お誘い合わせの上、お気軽にご参加ください。
駿河工房 小笠原














人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-06-30 18:46 | 小笠原 | Trackback | Comments(0)
静岡市葵区/暮らしを自在にセルフビルドする家④
静岡市葵区/暮らしを自在にセルフビルドする家(SURUGAドミノ住宅)
敷地面積約64坪、静岡市葵区郊外に建つOMソーラー付木造ドミノ住宅2階建て。
市街化調整区域、建ペイ率60%・容積率200%。

1階床面積14.00坪、2階床面積14.00坪、計28.00坪
e0119798_122552.jpg
e0119798_1221793.jpg

2階内部も1階同様
内部は余分な壁を無くしシンプルなつくり
しずおか優良木材の桧柱と杉梁が映える真壁造りで
住まい手に合わせて様々なコーディネートが楽しめる設計。

子供が小さなうちは間仕切りをせずに広々使用してもらい、
必要に応じて壁をつくったり、家具による簡易な仕切りをしたり、
家族構成などの変化に伴うやり替えが容易なつくりです。

光・風、自然を上手に取り入れ快適に生活でき、
可変性を持たせた間取りで、暮らしを自在にセルフビルドする家
として設計しました。


すまい教室開催のお知らせ
小さな家に暮らしたい
~かわいくて暮らしやすくて居心地がいい家のつくり方、事例で紹介します~
6月29日(日)午後1時30分~
駿河工房株式会社1階ギャラリーにて
お問合わせ・ご予約は
駿河工房株式会社
0120‐257‐385 まで
皆様お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。

駿河工房 企画・設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-06-27 12:04 | 山崎 | Trackback | Comments(0)
『蔵』のような外観の家  「地域型ブランド化事業」Ⅱ
e0119798_1938682.jpg

~夏を涼しくするのは「日射遮蔽」~
夏の室内が暑いのは、日射熱が室内に入るからです。
通風によって排熱や涼感を得られますが、なんといっても「日射熱を入れないこと」が
暑さ対策の基本ルールです。
 
日射熱が室内に侵入する要因として以下の2項目があります。
①窓ガラスを透過した日射が床や壁に当たって熱くなる
②日射が屋根や外壁に当たって熱に変わり室内に伝わる
実際には①の窓ガラスからの侵入熱量が全体の70パーセントを占めますので
窓ガラス(開口部)の対策が大事になります。

普通考えられるのは、サッシの内側に室内ブラインドやカーテンといったところですが、それよりも開口部の外側に日射遮蔽部材を設けた方が効果的です。
たとえば、軒や庇を出す、すだれ、よしず、雨戸、シャッター、ルーバー雨戸、外付ブラインド、樹木(落葉樹)など。
この家の場合、プライバシー保護の為のカーテンをつけていますが、
遮熱ガラスにして開口部そのものの性能を上げ、更に深い軒を出して(外壁から軒先まで1710㍉)遮熱性能をあげています。


 ~小屋裏利用~
物入れとして小屋裏空間を利用しました。
天井の高さが1400㍉以下ですので十分ではありませんが、普段それほど使わないものや、
季節ものなどを仕舞い込んでおくには便利なスペースです。
ただ、ハシゴを使っての荷物の揚げ降ろしの大変さや、
小屋裏は家の中で最も熱がこもりやすいという認識は必要です。

e0119798_19425789.jpge0119798_19431362.jpge0119798_19432324.jpge0119798_19523521.jpg

        駿河工房  企画設計課   渋谷 


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-06-21 19:57 | 渋谷 | Trackback | Comments(0)
6月29日(日)すまい教室開催のお知らせ
すまい教室開催のお知らせ
小さな家に暮らしたい
~かわいくて暮らしやすくて居心地がいい家のつくり方、事例で紹介します~
6月29日(日)午後1時30分~
駿河工房株式会社1階ギャラリーにて
すまい教室を開催します。

e0119798_13574037.jpg
今回のテーマは「小さな家」。
近ごろ、雑誌の特集などでもよく見かける「小さな家」というキーワード。
今「なぜ小さな家がいいの?」か、駿河工房で建てられた実例などもご覧いただきながら、わかりやすく知ることができます。
あわせて、ご自身の家づくりについても考えられる、よい機会になると思います。
皆様お誘いあわせの上、お気軽にご参加ください。
お問合わせ・ご予約は
駿河工房株式会社
0120‐257‐385 まで
駿河工房 小笠原




人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-06-09 13:59 | 告知 | Trackback | Comments(0)
静岡市葵区/暮らしを自在にセルフビルドする家③
静岡市葵区/暮らしを自在にセルフビルドする家(SURUGAドミノ住宅)
敷地面積約64坪、静岡市葵区郊外に建つOMソーラー付木造ドミノ住宅2階建て。
市街化調整区域、建ペイ率60%・容積率200%。

1階床面積14.00坪、2階床面積14.00坪、計28.00坪

内部は余分な壁を無くしシンプルなつくり
しずおか優良木材の桧柱と杉梁が映える真壁造りで
住まい手に合わせて様々なコーディネートが楽しめる設計です。
e0119798_17434650.jpge0119798_17435497.jpg
家具によるコーディネートもこの通り
同じ角度からの写真ですが、使用する家具と少しのアクセントで違った印象になります。

壁を活用した吊家具、広い空間を程よく仕切る間仕切り家具、アクセントとしての照明器具等々
同じ木製家具でも違ったインテリアになります。
e0119798_17442871.jpge0119798_17444087.jpg
置き家具で簡易に間仕切りをした場合は、
家族構成などの変化に伴うやり替えが容易なところも利点の一つ。

暮らす人や家族構成の変化に合わせて自在にセルフビルドが可能な設計としました。

駿河工房 企画・設計課 山崎





人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2014-06-08 17:46 | 山崎 | Trackback | Comments(0)