<   2008年 09月 ( 9 )   > この月の画像一覧
下川原の家 Ⅱ
 1階は高齢者用の居住空間としていますので、特に寝室と水廻りとの導線は
 配慮しました。この御夫婦はほとんど2階に上がることはありませんが、
 近くに住む息子さんが、時々様子を見に来られることもあり2階にも寝室を作ってあります。
e0119798_17123059.jpge0119798_17124892.jpg

 趣味の部屋としてオーデイオビジュアルルーム(15帖)を備えてありますが、
 この寝室との境の建具を開けて、壁の中に引き込みますと20帖の広さが確保できます。
 当然、防音工事を施しましたが、外からの「明るさ」は必要ではなく又、外への「音の漏れ」を
 考えて最小限の窓の大きさにしてあります。
e0119798_1751576.jpge0119798_1753152.jpg

                                     駿河工房  設計課    渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-29 17:29 | 渋谷
コンビニでも木造を・・・。
ファミリーマートが、9月から単独立地型の店舗をS造から木造に変更するというニュースを読みました。鋼材の値上がりによりS造の店舗建設費がこの1年で2割も上昇したそうです。そこで松本建工のFPウレタン断熱パネルを用いた高断熱・高気密の木造住宅向けの工法を店舗用に改良したものを使うそうです。それにより建設コストが削減されるのはもちろんの事、製造時のCO2排出量もかなり削減されます。
ちなみに、高断熱仕様となれば今までよりもずっとランニングコストも抑えられ、ますます省エネですよね。
環境に配慮した住宅があっても、環境に配慮したコンビニってなかった・・・。
これからは商業施設においても省エネを意識する時代なのではないでしょうか。

設計課 白鳥
e0119798_12331063.jpg


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-25 12:33 | 白鳥
村野藤吾 ・建築とインテリア ひとをつくる空間の美学
戦前の先駆的なモダン・デザインから大胆な造形と繊細な表現で注目を集めた戦後の数々の作品まで、絶えず自在にスタイルを操り、都市の顔をつくり続けた村野藤吾(1891-1984)。

e0119798_17151872.jpg本展は図面、写真、模型、家具などから村野藤吾の建築とそのインテリアを展示します。
また初の試みとして、戦争で幻と消えた客船のインテリアを3DCG映像によって再現。
加えてスケッチ帳や日記、記録写真や建築経済に関する研究資料などから、その活動と幅広い思考の一端をご覧いただけるでしょう。
開館期間 : 2008年8月2日(土)~2008年10月26日(日)
開館時間 : 10:00より18:00まで(ご入館は17:30まで)
休館日 : 月曜日
入館料 : 一般500円(65歳以上400円)/大学・高校生300円/中・小学生200円
会場 : 松下電工 汐留ミュージアム
駿河工房 小笠原
人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-22 17:12 | 小笠原
駿河工房/焼津・欅並木沿いの3階建③
e0119798_22422052.jpg
焼津・欅並木沿いの3階建は、南・東面2方向道路を気にせずくつろげ、
より「明るく・風通しのよい・開放的」な家にするためにL・D・Kを2階に配置しました。
e0119798_224255100.jpge0119798_2243666.jpg
e0119798_22441563.jpgこのL・D・Kは、ほぼワンルームで交通量の少ない
南の位置指定道路側に大きな開口を並べ採光の確保。
その他の面は開口を小さくして、西・北隣地、
東の交通量の多い道路からの視線を遮りながらも
通風は確保し、今年の暑い夏もエアコン無し
で過ごせたそうです。
リビングの南側には大きなルーフバルコニーを配置し、
東面道路の欅並木を借景で楽しめ、
とても「くつろぎやすいL・D・K」になりました。
e0119798_22443376.jpg


キッチンや照明器具もかなりシンプルなものを選び、
家族の生活そのものがこの家の「スタイル」になるよう設計しました。

                     駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-18 22:49 | 山崎
下川原の家
下川原のN様邸は、駿河工房の「和」に共感されて建てたOMソーラーの家です。
e0119798_10535711.jpge0119798_10541450.jpg

高齢者が住む家の場合、バリアフリーとして段差のない床や、通路巾等にゆとりをもたせる
のは当然のことですが、夏の採涼や冬の寒さ対策も大切なことだと思います。

OMソーラーを希望されたのも、太陽の恵みの「やさしい暖かさ」が体にも家にもよいことを
N様が熟知していたからです。
加齢などに伴い、体が万全でない人の場合は特に寒さは身にこたえるもの。
これから段々寒くなってきますが「冬の暖かさ」を実感できる日を心待ちにしているようです。
e0119798_10544481.jpge0119798_1055289.jpg


                                              設計課    渋谷

人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-15 11:30 | 渋谷
杉の家
e0119798_16401514.jpg
吉田町のM様はとても<杉>の好きな方でしたので、<杉の梁、杉の床、杉の建具、杉の階段、杉の飾り棚、、、>ほとんどを杉で作りました。家に入ると、ふわっと杉のいい香りに包まれ和やかな気分になります。杉は、とても軟らかい材料な為ねじれたり反ったりします。クセや特性を熟知している腕のいい大工さんでないと扱いが難しい材料です。
吉田町は年中風が強く、冬場は特に厳しい地域ですがM様の家の中はOMと木の温もりで暖められポカポカでした。杉の床板に写る影が綺麗でした。

設計課 白鳥

e0119798_16525289.jpge0119798_16542788.jpg


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-11 08:47 | 白鳥
静岡市 Tさんの家②
Tさん宅は3人プラス猫ちゃんの家族。
吹抜けに面したはき出し窓の開け閉めの管理用にキャットウォークをつけました。
e0119798_17151694.jpge0119798_17152556.jpg
「キャットウォーク」とは、高所点検用・作業用に設置された細い通路のことをいいます。
呼んで字のごとくの猫が歩くという意味ではありませんが、Tさんのお宅では、本当に猫に歩いてもらう想定で、吹き抜け境の手摺は、人も出入り出来、猫の頭が通るサイズのすき間の縦格子の引戸の建具にしました。(通ってくれるかな?)

e0119798_17155565.jpge0119798_1716741.jpgトイレの手洗いは奥様がいろいろ探して決めたこだわりの手洗いボウルをつけました。

玄関の土間は、Tさんがお子さんと一緒に控えめに埋め込んだビー玉のデザインがかわいらしく。
それぞれにTさんの思い入れが少しづつ入ってTさんオリジナルの家になりました。駿河工房 小笠原
人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-08 17:13 | 小笠原
駿河工房/焼津・欅並木沿いの3階建②
焼津・欅並木沿いの3階建② e0119798_2211893.jpg
この家の中心には4帖分の吹き抜けがあります。
この吹き抜けは、L・Dをより明るく開放感のある空間にする為と、家中に風を運ぶ為に設計に取り込みました。
南面2間巾・上下計4つの大きな窓から光と風を取り込み、光はL・Dをより明るくし、
風は吹き抜けから3階に上がり北面窓から抜け、常に明るく風通しのいい家になりました。

e0119798_22115588.jpg
吹き抜けの先にはフリースペースを作り
家族3人で使うパソコンコーナーに。
3階の夫婦寝室・子供室は、
このフリースペースと吹き抜けをはさむ形で配置し、
家族間のプライバシーも確保しています。

e0119798_2212214.jpge0119798_22123210.jpg
3階の夫婦寝室・子供室は、ほとんど夜寝る為の部屋なので、
SE登梁を使用し天井を使用可能な高さまで下げ「コストバランス」を、
低くなった天井を 高断熱パネルで「快適さ」の両方を保ちました。

e0119798_22124923.jpg


次回は引き続き焼津・欅並木沿いの3階建③を予定しています。


                              駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-05 22:26 | 山崎
中庭のある家 Ⅲ
 寝室は家の中で一番閉ざされている空間ですが、この家の場合OPENな感じを受けます
 それは、2階全体を、プライベートスペースとしてとらえ、「寝室」~「ホール」間の広がりを
 持たせたからです。
 巾4尺以上ある出入口建具を壁の中に引き込ませました。
 また、普段はできるだけ窓を開けて風の流れをつくりたいものです。
 e0119798_21235950.jpge0119798_21242138.jpg

 
e0119798_21345916.jpg

 また、寝室~サンルーム~ベランダと外への広がりがあるプライベートスペースにも
 なっています。天気の良い日は、目線を気にしないでのんびりテラスで過ごしたい、
 あるいは洗濯物も周りを気にせずに干したい・・・・・・そんな要望を満たした家でもあります。
 
                                         設計課     渋谷

人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-09-01 20:59 | 渋谷