<   2008年 06月 ( 9 )   > この月の画像一覧
Concierge 「静岡」住まい探訪 にO邸が掲載されています
e0119798_11573973.jpg

 Concierge【コンシェルジュ】  「静岡」住まい探訪
(静岡リビング新聞社発行)が発売されました。
今回駿河工房からは、08年3月完成の 静岡市駿河区・O邸 が
全4ページ、カラーで掲載されています。

e0119798_1353177.jpge0119798_1354222.jpg
白いカベとムクの木の色合いでまとめたシンプルな洋風の家です。
定価480円とお手頃価格なので、お早めにどうぞ・・・。
 駿河工房 小笠原



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-30 18:30 | 小笠原
OM地域型住宅研究会①
6月19日、20日の二日間にわたって 長野県飯田市にて
「第1回OM地域型住宅研究会」に参加してきました。

初日の6月19日は、長野県飯田市で、地域型の住宅づくり『伊那谷の森で家を作る会』
に取組む 大蔵建設 さんの現場(3件)見学。
その後、懇親会というスケジュールでした。
e0119798_21442641.jpge0119798_21444140.jpg
まずは、大蔵建設さん設計施工の「伊那谷ベーシック(柱勝工法)」
大屋根タイプ・総2階タイプ、2件の見学。
どちらも素晴らしい建物で、大蔵建設さんの設計力・施工力の高さを
身をもって体感させてもらいました。
ここ数年、大蔵建設さんの建物はとても気になっていたのでとても満足でした。
e0119798_2145457.jpge0119798_21452117.jpg
その後、
大蔵建設さんと共に、地域型の住宅づくり『伊那谷の森で家を作る会』
に取組む、新井建築工房+設計同人NEXT 新井優 さんの設計監理、
施工:大蔵建設さんの現場見学。
こちらも「伊那谷ベーシック」、大蔵建設さんとは一味違った繊細な設計の建物でした。
特に目を引いたのは、構造材「根羽杉」の素晴らしさ。
人口乾燥材なのですが、全く割れが入らずとても綺麗な木目でした。
その「根羽杉」をとても上手に扱う新井さんもまた、設計力が高かったです。
e0119798_214643.jpge0119798_21461711.jpg
その後は懇親会、全国から集まったOM加盟工務店の方達といろんな話ができ、
とても内容の濃い1日が終わりました。

次回は、引き続き OM地域型住宅研究会② 2日目の様子をお伝えします。

                             駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-26 22:09 | 山崎
駿河工房  茶室風タタミコーナーのある家
 藤枝ビュータウンに建つこの家は、30代ご夫婦二人の住まいです。
 28坪(1階16坪、2階12坪)のこの家のコンセプトは小さくても広がりが感じられ、
 開放的に住まうことです。 無駄をできるだけ省き、機能的で明るく、視線の広がりを意識して設計しました。
e0119798_19181749.jpge0119798_1918339.jpg

 「家」は広ければよいというものではなく、小さくても豊かな生活ができるはずです。
 コンパクトで使い易く、なおかつ広く感じさせる工夫が必要だと思います。
e0119798_19333640.jpge0119798_19335689.jpg

 実際に坪数以上の広さを感じさせ、コストも抑えることが出来ました。
 また、時には一人になりたい御主人の為に、遊び心で茶室風タタミコーナーを設けました。
 次回はこの「男の隠れ家」的なタタミコーナー等を紹介します。

                                         設計課      渋谷


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-23 20:00 | 渋谷
<ヴェルサイユ宮殿>
先日、中学生時代に読んだ遠藤周作の<王妃マリー・アントワネット>を見つけ2年前に行った<ヴェルサイユ宮殿>の事を思い出しました。
私が行った時にはちょうど鏡の間が修復中でしたので残念ながら丸天井の絵画(合計1000㎡ )を見ることは出来ませんでしたが、本当に豪華で圧倒されました。ここでベルサイユ条約の調印式が行われたと思うと重みを感じます。
e0119798_11481712.jpg18億円をかけて行われた鏡の間の修復工事は2007年5月に完了しました。王の偉業を描いた丸天井の絵画の修復では、下絵を赤外線でや紫外線で判別するなど最先端の技術を用いて、できる限り完成当時の姿を再現したそうです。
あと、印象深かったのは屋外の<石畳>。写真でみるよりもゴツゴツしていて庭園内を歩くのに苦労しました。昔昔、ここを多くの騎馬隊や近衛兵達が歩いたかと思うとウルウルきてしまいました。池田理代子ファンとしてはオスカルが現れるシーンでもあるのでなおさらでした。
建物は歴史を感じさせます。
見学するには日本から14時間もかかりますが、見に行く価値大でしょう。白鳥
e0119798_11471388.jpg


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-19 18:51 | 白鳥
OBレポート
e0119798_139748.jpge0119798_1313084.jpg
e0119798_13132499.jpgHさんのお宅に1年点検で伺いました。
特に大きな問題もなく「快適に過ごしています」と、Hさん。
Hさんとはかなり長期間に渡って打合させていただいたこともあり、満足されている様子をこちらもうれしく思いました。

Hさんのお宅の外観はスタンダードな洋風です。
例えばHさんのように、外観の雰囲気で屋根の形を少し複雑にしたい場合などは特に、間取りの段階から計画に盛り込む必要が出てきます。
お気軽に駿河工房のスタッフまでご相談ください。駿河工房 小笠原


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-16 19:00 | 小笠原
駿河工房/藤枝・前庭、中庭、裏庭のある家③
藤枝・前庭、中庭、裏庭のある家③「それぞれの居場所」e0119798_19422062.jpg

この家には各々の寝室意外に「それぞれの居場所」を作りました。

e0119798_19411722.jpg御主人には玄関脇に書斎。
ここは御主人が友人を集めた時に、家族に気兼ねなく過ごせるよう
居間・食堂から中庭をはさみ離してあります。
中庭境の窓は、居間から見えづらくする為にあえて腰窓にして
プライバシーを保ちながらよりくつろげる書斎になりました。

e0119798_19412960.jpg奥様には1階和室に書斎コーナー。
居間続きの和室の一角にカウンターを造り付けて本を読んだり、
書き物をしたり。
裏庭からの優しい光で、とても落ち着く書斎コーナーになりました。
カウンター上の掲示板で子供たちとの「コミュニケーションをとる場」
にもなっています。  


e0119798_19413652.jpg
e0119798_19414834.jpge0119798_1941568.jpg
子供たちには2階南側に4帖のフリースペース。
本棚を造り付けて、誰でも何時でも使える多目的なコーナーに。
南側の明るく風通しのよい場所なので、
子供達が友達を連れてきた時には、自然にこの場所に集まるそうです。
奥様曰く、「4帖の広すぎない空間なのでより居心地が良い!?」そうです。 

とは言うものの、書斎では御主人と子供達が一緒にゲームを楽しんだり、
2階フリースペースに奥様の友人が集まっておしゃべりしながら本を読んだり、
各々が上手に行き来しながら「それぞれの居場所」を楽しんで暮らしています。


                              駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-12 21:43 | 山崎
建築家なしの建築
e0119798_17411347.jpg

昨年の2月にOMゼミナール(京都)に参加させてもらった際、建築家の各先生方
藤森照信益子義弘片山和俊横内敏人 敬称略)の講演を聴くことができました。
 その中で「世界の住居の知恵と工夫に学ぶ」というテーマで益子先生の講演が興味を
惹きました。日本とは気候風土の異なる世界の住居ですが、快適さを生むための知恵と
工夫がどの様になされていて、どの程度効果があるのか、紹介されたのです。
そのお話の中でバーナード・ルドフスキーの『建築家なしの建築』という本の名前が出た時
学生の時に読んだ記憶がよみがえりました。
 
   ~無名で自然発生的な住居や集落~
その土地の気候・風土に合った材料(石・土・木・・・ 洞窟など)を最大限利用し、独特の形態を放っていますが、
住まう人々にとっては、住みやすい共同生活体であり、リーズナブルで実に理にかなっています。
けっして建築家を否定する訳ではありませんが、学ぶべきことが多いと思います。
e0119798_1840239.jpge0119798_18404032.jpg

日本の住宅も同じことが言えます。
地元の木をふんだんに使って、地域に合った家に住みたいですね。
                                             設計課   渋谷

人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-09 19:02 | 渋谷
~木の話~【そよご】
e0119798_11274414.jpg
この薄いピンク色の布、何の色だと思いますか?
実は【そよご】という木の実で染めた色なんです。化学染料では出にくい優しい色合いだと思いませんか?!
【そよご】は駿河工房の外構計画でもよく使われる木です。ゆっくり成長する木で、葉が風にゆられてソヨソヨと金属音のような音を立てるので<そよご>という名前がついたそうです。実は、私も雑木が草木染めに向いている事を最近まで知りませんでした。

ちなみに、草木染めに興味がある方にお奨めしたい木は・・・
黄色系=ヤマモモ。肌色系=梅。 茶色系=冬青(そよご)、ドウダンツツジ、です。
e0119798_1129295.jpg
外構計画をお考えの方、眺めてもよし!染めてもよし!の雑木を一本お庭にいかがでしょうか?

(そういえば、ウチの庭にも<そよご>が植えられているわ!なんて方は<草木染め>を趣味の一つにしてみては?!)

e0119798_11313622.jpg
設計課 白鳥
人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-05 11:03 | 白鳥
バランスチェア
e0119798_17582920.jpge0119798_17584297.jpg
国際的家具デザイナー、ノルウェー・リボ社オドウィン・リッケン氏によるデザイン。
座っただけで背すじがスッと伸びる椅子として、本国ノルウェーでは公立学校でも採用されているそうです。

ひざとお尻で体重をバランスよく受け止めて、お腹と太腿の角度がちょうど120度になる設計となっており、背筋が自然にまっすぐ伸びます。腰痛持ちの方にもおすすめだとか。

e0119798_18155379.jpge0119798_1871611.jpg子供の成長に合わせて、膝クッションの高さが自由に調節でき、身長110cmの子供から180cmの大人まで座ることが出来ます。

見た目はユニークな椅子ですが、姿勢がよくなって集中力もアップするなら一石二鳥かも・・・。

駿河工房 小笠原
人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-06-02 17:56 | 小笠原