カテゴリ:長期優良住宅( 4 )
長期優良住宅の申請(省エネ)
長期優良住宅の認定を受けるには
5つの項目で基準をクリアしなければなりません。
耐震性・耐久性・維持管理対策・バリアフリー・省エネルギー
今回は省エネの部門での試み

省エネルギーの審査で建物の断熱性を証明するには2通りの方法を選択できます。

・建築主の判断基準→性能規定と呼ばれるもの
・設計・施工指針→仕様規定と呼ばれるもの

性能規定は主に計算による数値で建物の断熱性能を証明
仕様規定は、指針による断熱材を壁・床・などに使用して一定の厚みを確保して証明。

どちらかで、審査基準をクリアすればOK。

性能規定は、計算する為の知識と計算するソフトが必要な為、なかなか手が出ない。
仕様規定での申請が多いのが現状です。
しかし、建物だけのコストを考えると性能規定の方が有利な点が多いのです。

もし性能規定での申請が可能になれば長期優良住宅を考えているお客様にも選択範囲が広がります。

そこで、現在使用しているソフトにプラスするとそれが可能になるという
温熱環境のオプションを視察・・・・

グランシップにて福井コンピューターさんの講習会に参加してきました

e0119798_11153765.jpg


常に、ユーザーの意見を取り入れつつ進化し続けるCADソフト。

e0119798_11154859.jpg

「お客様の○○なご要望が多く、それに応えるべく今回は、○○な機能が増えました!」の連続
会場では、ユーザーから「おぉ」と時々声が聞こえてきます。


そんな要望があったのか・・とまだまだ使いこなせていない部分が多々判明しました。

今回の講習会では、もう既に温熱環境のオプションを導入済みユーザーへの説明が主でしたので
後日、営業Mさんに当社にてデモをしていただくことになりました。

まだまだ、駿河工房の進化は続きます。


おまけ

e0119798_11155691.jpg

グランシップからの風景です。
都会っぽく見える?!


駿河工房 設計課 岡


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
長期優良住宅建築された方に、最大で120万円が国から補助されます。
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2011-01-21 12:26 | 長期優良住宅 | Trackback | Comments(0)
長期優良住宅先導事業
平成22年度長期優良住宅先導事業案の発表がありました。
駿河工房で扱える長期優良住宅先導事業案は、
「全建連・先導モデル2010」
「OM総合保障・低炭素社会を目指す長期優良プロジェクト」
「木造ドミノ住宅」
の3つ。

■全建連・先導モデル2010■
①今回の先導モデルは「街なか型」「地域環境配慮型」の2つのタイプ。
「街なか型」
郊外部比べCO2濃度が高い都市部における基礎コンクリートの中性化に配慮して外周部の基礎幅を18cmとすることと、工事標準記録書に沿って工事管理を行い工事記録書を残します。
「地域環境配慮型」
地域材の外構への利用と郷土種の植栽により街並み・地域環境に配慮しCASBEE評価A以上を確保することと、工事標準記録書に沿って工事管理を行い工事記録書を残します。
②採択棟数は両タイプ合わせて500戸
工務店サポートセンターによる交付申請書類の受理先着順500戸
補助金額:最高200万円/戸 ※建物金額の1割が上限
③今年度の交付申請受付及び実績報告受付
交付申請は平成22年7月中旬予定より平成22年9月17日(必着)まで受付
完了報告は平成22年10月1日より平成23年1月25日(必着)まで

■OM総合保障・低炭素社会を目指す長期優良プロジェクト■
①低炭素社会を目指す長期優良住宅先導プロジェクト 概要
・太陽エネルギー利用の標準化
・太陽エネルギー利用のための金属集熱パネル設置屋根下地の耐久性向上
・「住宅建築事業主の判断基準」に基づく超高断熱仕様の標準化
・CASBEEすまい「戸建」Aランク以上の標準化と低炭素強化版への取組み
・居住時の省エネライフにかかわる維持管理体制支援
採択棟数:131戸
補助金額:最高200万円/戸 ※建物金額の1割が上限
②スケジュール
7月 9日 仮エントリー〆切
7月16日 邸名申告(本エントリー)受付開始
③ルール
・「エコスカイルーフ」又は「OMソーラーハウス」であること
・着工は平成22年10月末日まで
・完成見学会をOMソーラー全国一斉冬の見学会が開催される平成23年3月末日までに行う事
・邸名申告(本エントリー)は8月末までに申告すること

■木造ドミノ住宅■
採択棟数:40戸相当分
詳細は後日公表します。

以上、長期優良住宅についての詳細は駿河工房スタッフまでお問い合わせください。



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
長期優良住宅建築された方に、最大で120万円が国から補助されます。
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2010-07-04 20:28 | 長期優良住宅 | Trackback(1) | Comments(0)
駿河工房の長期優良住宅(200年住宅) 着々と
e0119798_0181581.jpg
昨年末よりお伝えしております「200年住宅」正確には「超長期優良住宅先導モデル事業」物件が
2009年に入り着々と工事が進んでおります。
平成20年度の「駿河工房200年住宅」は3棟。
2月末に2件の上棟を終え、今週末に残すもう1棟も上棟します。
通し柱・土台は天竜産13.5センチ角。その他の柱も天竜産の杉・桧12センチ角。
梁も全て巾12センチの天竜産。骨太な国産材100%構造材はかなり見応えがあります。
e0119798_0184518.jpge0119798_019069.jpg
平成21年度は「超」が取れ「長期優良住宅」と名称も変更され、
4月1日から受付も始まっており、(4月からの募集戸数は150棟)
駿河工房も早速5棟のエントリー登録申請を済ませました。
既に4物件の検討が始まっており、性能評価申請・補助金申請を順次行う予定です。
e0119798_0193719.jpge0119798_0195148.jpg
「永く住み続けられる家づくり」興味がある方は
駿河工房スタッフまでお問い合わせ下さい。


                  駿河工房 設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

「超長期優良住宅先導的モデル事業」 駿河工房の 200年住宅 始まります。
[PR]
by suruga_sekkei | 2009-04-03 00:18 | 長期優良住宅 | Trackback | Comments(0)
駿河工房の超長期優良住宅 始まります
日本の木で、日本の技で、日本の家

よりよい住宅をつくり、しっかり守り、長く大切に使う地域工務店型家づくり募集概要

1  地域に根ざした工務店型の超長期優良住宅を目指します。
   私たち地域工務店は、地域の住まい手のために、地域の木材や資材を使い、
   地域の気候風土に適した好法を工夫し、その技術、技能を備えた専門職を組織して、
   営々と住まいづくり、家守りをしてきました。
   わが国の伝統ある優れた大工の技を継承しつつ、新しい技術を取り入れ
   地域の住宅建設とその維持保全に長年関わってきたのは私たち工務店です。
   その豊富な実績に裏づけられたノウハウの連携と結集によって、
   組織的な信頼を確実なものにし、工務店ならではの、工務店にしかできない家づくり
   の提案を行うのがこのプロジェクトです。
2  超長期優良住宅として必要な基本性能を確保します。
   ・超長期優良住宅の基本性能として必要な住宅性能表示制度の項目と等級は次の通りです。
   ①躯体の倒壊及び損傷防止耐震等級:等級2 ② 劣化対策等級:等級3 
   ③維持管理対策等級:等級3 ④ 省エネルギー対策等級:等級4
   ・竣工後60年間の維持保全計画を、全建連統一書式により作成。
   ・工事記録写真を全建連統一書式により作成。
   ・普及啓蒙活動として躯体工事完了時または下地張り前時に現場1回、
   竣工時1回の計2回以上の見学会を一般消費者向けに開催し、
   資料として全建連が作成する説明パンフレットを配布。
3  全建連型のシステム提案として必要な要件を確保します。
   ①CO2問題をはじめ、地域の資源や産業への貢献を目的とした国産材の利用促進。
   構造材および羽柄材に国産材を100%使用。
   ②地域工務店ならではの、効果的で地道な耐久性および維持保全に必要な対策。
   基礎幅15cm以上、コンクリート強度30N以上。
   外壁通気層18mm以上。Zマーク表示金物の使用。
   床下点検口及び基礎に人通口を設け、点検修理及び交換のスペース確保。
   ③地域工務店が住まいの安心、安全を長期に渡り守り続けるため、
   工務店サポートセンターによる
   制度の充実とその支援体制の整備など、組織的なソフトの仕組み。
   工務店サポートセンターは、建築確認、性能表示関係図書及びこれを含む住宅履歴を建築主、
   工務店との三者による継続的な保管をします。
   全建連ちきゅう住宅検査員により、現場で性能保証制度による基礎審査
   及び住宅性能評価内容の検査を実施。
4  建築主に仕様アップ分の工事費が補助されます。
   地域工務店がつくる超長期優良住宅について、その仕様アップに掛かる工事費として
   補助対象工事費の1割以内で最大200万円が補助されます。
   建築主と工務店が契約し共同事業者として交付申請、完了報告を行い
   国土交通省から 全建連 工務店サポートセンターを経由して
   補助金が来年に支払われます。
5  初年度の公募戸数は、全国の地域工務店で500戸を予定しています。
   平成20年度に着工する住宅を、交付申請受付順に全国で500戸募集しています。
   交付申請募集に先立ちエントリー申請が必要です。

   駿河工房でも既にエントリー申請を済ませ、超長期優良住宅づくりに取組み始めています。
   興味をお持ちの方は、スタッフまでお問い合わせ下さい。


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-10-02 18:43 | 長期優良住宅 | Trackback | Comments(0)