駿河工房/藤枝・前庭、中庭、裏庭のある家
今回から、藤枝・前庭、中庭、裏庭のある家 を数回にわたり紹介します。
第1回目の今回は、平成19年度静岡県住まいの文化賞に応募した時の
プレゼンテーションで設計のポイントを説明します。

この家は、40代前半のご夫婦と娘二人の計4人が「楽しく暮らせる家」を目指して設計をスタート。

9mx36mの細長い敷地でいかに  を取り込み、
交通量の多い前面道路から如何にしてプライバシーを守りながら開放的に作れるか。
これは、タイトルにもあるとおり 前庭中庭裏庭 の3つの庭を作り、
前庭(南)、中庭よりを取り込み、居間・和室を通って裏庭(北)にを抜きながら、
プライバシーを守りたい居間・食堂前に、書斎棟・中庭を配置して解決するよう設計しました。
e0119798_19122019.jpg
1階は、前庭を通って玄関へ。
玄関脇に書斎を配置、長い廊下も中庭を楽しみながら歩けます。
廊下横には納戸(衣裳部屋)、廊下を抜けると食堂・台所・居間がほぼワンルームに、
目線が、縦・横・斜めに抜け、中庭とも一体となりより広く感じられるように。
台所奥に便所、洗面所、浴室の水廻りを配置。
居間の北側には1.5間のフルオープンできる和室、その奥に裏庭
e0119798_19123059.jpg
居間から収納階段を上ると4帖の共有スペース、
直射光の入らない北側に子供部屋2部屋を配置して勉強し易い部屋に、
寝室は一番日当たりがよく大きなバルコニーに出られる位置に配置。
寝室とホールの間に納戸を作りました。

次回からは 藤枝・前庭、中庭、裏庭のある家 各所ポイントを解説予定です。 


                          駿河工房 設計課 山崎



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ
[PR]
by suruga_sekkei | 2008-05-15 19:30 | 山崎 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://surugarchi.exblog.jp/tb/7943685
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 司馬遼太郎記念館 駿河工房  大井川の家 >>