CASBEE
「CASBEE」(建築物総合環境性能評価システム)は、建築物の環境性能で評価し格付けする手法である。
省エネや省資源・リサイクル性能といった環境負荷削減の側面はもとより、室内の快適性や
景観への配慮といった環境品質・性能の向上といった側面も含めた、建築物の環境性能を総合的に評価するシステムである。
CASBEEの評価ツールは、
(1)建築物のライフサイクルを通じた評価ができること、
(2)「建築物の環境品質・性能(Q)」と「建築物の環境負荷(L)」の両側面から評価すること、
(3)「環境効率」の考え方を用いて新たに開発された評価指標「BEE(建築物の環境性能効率、
Building Environmental Efficiency)」で評価する、という3つの理念に基づいて開発された。
BEEによるランキングでは、「Sランク(素晴らしい)」から、「Aランク(大変良い)」「B+ランク(良い)」
「B-ランク(やや劣る)」「Cランク(劣る)」という5段階の格付けが与えられる。
CASBEE戸建-新築では、戸建住宅の総合的な環境性能を戸建住宅自体の環境品質(Qualityの”Q”)と、
戸建住宅が外部に与える環境負荷(Loadの”L”)の2つに分けて評価します。
QとLにはそれぞれ以下に示す3つの評価の分野があり、更にその中で具体的な取組みを評価することになっています。

環境品質・性能(Q)が高いことを評価する
Q1 室内環境を快適・健康・安心にする
Q2 長く使い続ける
Q3 まちなみ・生態系を豊かにする
環境負荷(L)を低減する取り組みを(LR)※で評価する
LR1 エネルギーと水を大切に使う
LR2 資源を大切に使いゴミを減らす
LR3 地球・地域・周辺環境に配慮する
※LRは環境負荷低減性と呼びLoad Reductionの略

それぞれの分野について評価を実施した後に、[環境品質(Q)/環境負荷(L)]により戸建住宅の環境効率(BEE)を求め、
これに基づき総合的な環境性能の格付け(赤星によるランキング)をおこなう。
このような分野に従って評価するので、CASBEE戸建-新築で総合的な評価が高い住宅とは、
『快適・健康・安心(Q1)で長く使い続けられる(Q2)性能が備えられており、エネルギーや水を大切に使い(LR1)、
建設時や解体時にできるだけゴミを出さない(LR2)ように環境負荷を減らす努力をしており、
良好な地域環境形成に役立っている(Q3、LR3)住宅』 と言えます。

e0119798_21445845.jpg
早速、近日着工予定の駿河工房島田モデルハウス「駿河木組の家」をこのCASBEEで評価してみました。
結果はBEEランク「A(大変良い)」
(未確定部分を入力すれば「S(素晴らしい)」評価も可能です。)
環境性能の高い住宅設計になっています。

駿河工房では設計課の4人がCASBEE評価員資格を取得していますので
家の環境性能が気になる方はスタッフまでお問い合わせください。


                        駿河工房 設計課 山崎


人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
長期優良住宅建築された方に、最大で120万円が国から補助されます。
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2010-08-29 21:52 | 情報
<< ウチがイチばん 和を楽しむ家Ⅳ >>