長期優良住宅先導事業
平成22年度長期優良住宅先導事業案の発表がありました。
駿河工房で扱える長期優良住宅先導事業案は、
「全建連・先導モデル2010」
「OM総合保障・低炭素社会を目指す長期優良プロジェクト」
「木造ドミノ住宅」
の3つ。

■全建連・先導モデル2010■
①今回の先導モデルは「街なか型」「地域環境配慮型」の2つのタイプ。
「街なか型」
郊外部比べCO2濃度が高い都市部における基礎コンクリートの中性化に配慮して外周部の基礎幅を18cmとすることと、工事標準記録書に沿って工事管理を行い工事記録書を残します。
「地域環境配慮型」
地域材の外構への利用と郷土種の植栽により街並み・地域環境に配慮しCASBEE評価A以上を確保することと、工事標準記録書に沿って工事管理を行い工事記録書を残します。
②採択棟数は両タイプ合わせて500戸
工務店サポートセンターによる交付申請書類の受理先着順500戸
補助金額:最高200万円/戸 ※建物金額の1割が上限
③今年度の交付申請受付及び実績報告受付
交付申請は平成22年7月中旬予定より平成22年9月17日(必着)まで受付
完了報告は平成22年10月1日より平成23年1月25日(必着)まで

■OM総合保障・低炭素社会を目指す長期優良プロジェクト■
①低炭素社会を目指す長期優良住宅先導プロジェクト 概要
・太陽エネルギー利用の標準化
・太陽エネルギー利用のための金属集熱パネル設置屋根下地の耐久性向上
・「住宅建築事業主の判断基準」に基づく超高断熱仕様の標準化
・CASBEEすまい「戸建」Aランク以上の標準化と低炭素強化版への取組み
・居住時の省エネライフにかかわる維持管理体制支援
採択棟数:131戸
補助金額:最高200万円/戸 ※建物金額の1割が上限
②スケジュール
7月 9日 仮エントリー〆切
7月16日 邸名申告(本エントリー)受付開始
③ルール
・「エコスカイルーフ」又は「OMソーラーハウス」であること
・着工は平成22年10月末日まで
・完成見学会をOMソーラー全国一斉冬の見学会が開催される平成23年3月末日までに行う事
・邸名申告(本エントリー)は8月末までに申告すること

■木造ドミノ住宅■
採択棟数:40戸相当分
詳細は後日公表します。

以上、長期優良住宅についての詳細は駿河工房スタッフまでお問い合わせください。



人気ブログランキングに参加しました!ご協力お願いします。ブログ・ランキングに参加中人気blogランキングへ


OMソーラーハウスのパイオニア「OMソーラー静岡」はこちらから。

木のいえ整備促進事業事業
長期優良住宅 募集中!
長期優良住宅建築された方に、最大で120万円が国から補助されます。
自由設計で、土台、柱、梁などの構造躯体を国産材でつくる世代を超えて住み継がれる家づくりです。
興味をお持ちの方は、弊社までお気軽にお問い合わせください。
[PR]
by suruga_sekkei | 2010-07-04 20:28 | 長期優良住宅 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://surugarchi.exblog.jp/tb/12901903
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Tracked from 地球温暖化と環境問題の真実 at 2010-07-13 14:14
タイトル : 地球温暖化と環境問題の真実
地球温暖化と環境問題の真実 の情報です... more
<< OMソーラーのリモコンが新しく... 和を楽しむ家Ⅱ >>